宅地建物取引士 設置

・宅地建物取引士証は、登録をしている都道府県知事から交付を受けます。
・取引士証の有効期間は5年になります。
重要
・取引士の交付を受けようとする者は、原則として、登録している都道府県知事が指定する法定講習で、交付申請前6ケ月以内に行われるものを受講しなければなりません。
注意):例外
試験に合格をした日から1年以内に取引士証の交付を受けようとする者
②登録の移転にともない取引士証の交付を受けようとするもの。
・取引士証の有効期間の更新を受けようとする者は、登録をしている都道府県知事が指定する講習で、交付申請の6ケ月以内に行われるものを受講しなければならない。

・取引士は、その氏名または住所を変更したときは、遅滞なく、変更の登録の申請をするとともに、取引士の書換え交付の申請をしなければならない。

・登録の移転の申請とともに新たな取引士証の交付申請をする場合、法定講習を受講する必要はない。
この場合、新たな取引士証の有効期間は、前の取引士の有効期間の残りの期間になる。

【専任の取引士の設置義務のある場所と人数】
①事務所:業務に従事する者5人に1人以上
②事務所以外の案内所:1人以上

・宅建士の補充
※既存の事務所で専任の取引士の必要人数が満たない場合、2週間以内に必要な措置を取らなければならない。