不法行為

・故意(わざと)または過失(不注意)により違法に他人に損害を与えた行為をいう。 不法行為では、被害者は加害者に対して、損害賠償請求権を取得する。

1)不法行為

不法行為による損害賠償債務が履行遅滞になる時期 不法行為の時(損害発生時)
不法行為による損害賠償請求の消滅時効期間 ①被害者またはその法定代理人が損害および加害者を知った時から3年間
②不法行為の時から20年間

2)使用者責任

意味 使用者は、被用者が事業の執行につき第三者に加えた損害を賠償する責任を負う
要件 使用者責任が成立するには、被用者に不法行為が成立することが必要
効果 被害者は、使用者にも損害賠償を請求することができる。
被害者に損害を賠償した使用者は、被用者に求償することができる。

3)共同不法行為
数人が共同の不法行為により他人に損害を与えた場合、それらの者は連帯して被害者に損害賠償の責任を負う。

4)工作物責任

損害賠償の責任を負う順番 損害の発生を防止するのに必要な注意をしたとき
占有者 第一次的 責任を負わない(過失責任)
所有者 第二次的
※占有者が責任を負わない場合
責任を負う(無過失責任)

 

 

 

不法行為の過去問で腕試し