【問15】都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1) 近隣商業地域は、主として商業その他の業務の利便の増進を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するため定める地域とする。

2) 準工業地域は、主として環境の悪化をもたらすおそれのない工業の利便の増進を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するため定める地域とする。

3) 第一種低層住居専用地域については、都市計画に特定用途制限地域を定めることができる場合がある。

4) 第一種住居地域については、都市計画に高層住居誘導地区を定めることができる場合がある。

正解:4

①誤り:近隣商業地域とは近隣の住宅地の住民に対する日用品の供給を行うことを主たる内容とする商業その他の業務の利便を増進するため定める地域をいいます。
②誤り:準工業地域とは、主として環境の悪化をもたらすおそれのない工業の利便を増進するため定める地域
③誤り:特定用途制限地域は用途地域が定められていない区域に限られます。
④正しい