【同時履行の抗弁権】
・相手方が履行またはその提供しないときに、自らの債務の履行を拒むことができる権利のことです。相手方が履行するまでは自分も履行しないと主張することです。