建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

1)幅員4m未満の道路は、建築物の敷地と道路との関係において、道路とみなされることはない。

2)第一種低層住居専用地域内においては、高さが10mを超える建築物を建築できる場合はない。

3)建築物の容積率は、都市計画において定められた数値以下でありさえすればよい。

4)商業地域内で、かつ、防火地域内にある耐火建築物については、建蔽率の制限を受けない。

正解:4