賃貸借

・賃貸借とは,当事者の一方(賃貸人)がある物を相手方(賃借人)に使 用・収益させ,借主がその賃料を支払うことを約束する契約です。

賃貸人の義務 ①賃貸人に目的物を使用収益させる義務
②修繕義務
※通常損耗の補修費用は原則として、賃貸人が負担する。ただし、特約によって、賃借人に通常損耗についての現状回復費用を負担させることは可能です。
賃借人の義務交替 賃料支払い義務
原則:後払い

★賃貸人の交替、賃借権の譲渡・転貸

賃貸人の交替 賃貸人の承諾は不要
賃借権の譲渡・転貸 賃貸人の承諾が必要
※無断譲渡・転貸の場合、賃貸人は、原則として賃貸借契約を解除できる
※例外として、背信的行為と認めるに足らない特段の事情がある場合には、解除できない

★賃貸借の終了と転貸借

転借人への対抗可否
建物賃貸借における
期間満了・解約の申入れ
転借人へ通知しなければ対抗できない
・通知後6ケ月で、転貸借が終了
合意解除 転借人に対抗できない
債務不履行による解除 ①転借人に対抗できない
②解除の際、転借人への通知は不要

★敷金(返還時期)

敷金返還発生時期 建物明渡し時期の発生
・敷金と建物明渡しは同時履行の関係にはありません。
建物明渡しが先です。
賃貸人の交替 敷金に関する権利義務は、当然に新賃貸人に承継される
・賃借人の交替
・賃貸借の譲渡
敷金に関する権利義務は、原則として、新賃借人には承継されない

 

 

賃貸借の過去問で腕試し