時効

・ある出来事から一定の期間が経過したことを主な法律要件として、現在の事実状態が法律上の根拠を有するものか否かを問わず、その事実状態に適合する権利または法律関係が存在すると扱う制度、あるいはそのように権利または法律関係が変動したと扱う制度をいう。

【取得時効】
・所有権の事項が完成するためには、所有の意志をもって平穏かつ公然に占有を継続することが必要である。

占有開始の占有者の主観 占有継続期間
善意無過失 10年
善意無過失 20年
悪意

【債権の消滅時効】

消滅時効の起算点 時効期間
①確定期限付債権 期限到来の時から 10年間
②不確定期限付債権 期限到来の時から 10年間
③期限の定めがない債権 債権成立の時から 10年間
※債権以外の財産権
地上権
抵当権
・所有権は消滅時効にかからない
20年

 

【時効の中断事由】

裁判上の請求(訴え提起等)
差押え・仮差押え・仮処分
催告(裁判外請求)
承認

【時効の援用】

時効援用者 時効により直接利益を受ける者
例) ①債務者
②保証人・連帯保証人
③物上保証人
④抵当不動産の第三取得者