【問17】建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 4階建ての建築物の避難階以外の階を劇場の用途に供し、当該階に客席を有する場合には、当該階から避難階又は地上に通ずる2以上の直通階段を設けなければならない。

2 床面積の合計が500㎡の映画館の用途に供する建築物を演芸場に用途変更する場合、建築主事又は指定確認検査機関の確認を受ける必要はない。

3 換気設備を設けていない居室には、換気のための窓その他の開口部を設け、その換気に有効な部分の面積は、その居室の床面積に対して10分の1以上としなければならない。

4 延べ面積が800㎡の百貨店の階段の部分には、排煙設備を設けなくてもよい。

正解:3
①正しい
②正しい:床面積が200㎡を超えていて、用途変更する場合、建築確認を受けなければなりません。
③誤り:20分の1が正しい。
④正しい