【問 50】
建物の構造に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

1)鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆しなくても耐火構造にすることができる。
2)鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできる。
3)鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄筋コンクリート構造よりさらに優れた強度、じん性があり高層建築物に用いられる。
4)集成木材構造は、集成木材で骨組を構成した構造で体育館等に周いられる。

正解:1