不動産の登記の申請に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1)所有権に関する仮登記に基づく本登記は、登記上の利害関係を有する第三者がある場合には、当該第三者の承諾があるときに限り、申請することができる。

2)仮登記の登記義務者の承諾がある場合であっても、仮登記権利者は単独で当該仮登記の申請をすることができない。

3)二筆の土地の表題部所有者又は所有権の登記名義人が同じであっても、持分が相互に異なる土地の合筆の登記は、申請することができない。

4)二筆の土地の表題部所有者又は所有権の登記名義人が同じであっても、地目が相互に異なる土地の合筆の登記は、申請することができない。

正解:2
① 正しい:仮登記に基づく本登記は、登記上の利害関係を有する第三者がある場合には、当該第三者の承諾があるときに限り、申請することができる。
②誤り:登記義務者の承諾がある場合、仮登記権利者は単独で当該仮登記の申請をすることができます。
③正しい:合筆の登記をすることはできない。
④正しい:合筆の登記をすることはできない。