【抵当権】
① 抵当権とは、抵当権者が債務者又は物上保証人が占有したまま担保の目的とした不動産について、担保不動産競売や担保不動産収益執行(民執180条)をして、他の債権者に優先して自己の債権の弁済を受けることができる権利である。 ② 抵当権の目的となるのは、不動産の所有権のほか、地上権と永小作権である。