【債権譲渡】

・債権者が持つ債権を、その内容をまったく変えずに第三者に移転する行為のことです。 債務者にとっては、債務の弁済相手がこれまでの債権者(債権譲渡人)から、直接取引を行っていない第三者(譲受人・新債権者)に変わることになります。