【借地借家法】
・借地借家法は、民法の特別法として平成4年に施行された法律です。 建物の所有を目的とする土地の賃借権(借地権)の存続期間・効力、及び建物の賃貸借の契約の更新・効力等に関する規定が置かれており、民法に優先して適用される法律となっています。