建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1)道路法による道路は、すべて建築基準法上の道路に該当する。

2)建築物の敷地は、必ず幅員4m以上の道路に2m以上接しなければならない。

3)地方公共団体は、土地の状況等により必要な場合は、建築物の敷地と道路との関係について建築基準法に規定された制限を、条例で緩和することができる。

4)地盤面下に設ける建築物については、道路内に建築することができる。

正解:4