都市計画法に規定する地区計画に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1)地区計画は、建築物の建築形態、公共施設その他の施設の配置等からみて、一体としてそれぞれの区域の特性にふさわしい態様を備えた良好な環境の各街区を整備し、開発し、及び保全するための計画である。

2)地区計画の区域(地区整備計画が定められている区域に限る。)内において、土地の区画形質の変更、建築物の建築等を行った者は、当該行為の後30日以内に、行為の種類、場所等一定の事項を市町村長に届け出なければならない。

3)地区計画に関する都市計画は、市街化調整区域内においても定めることができる場合がある。

4)地区計画については、建築物の容積率の最高限度又は最低限度を都市計画に定めることができる。

正解:2